セキュリティ商品

リレーアタック対応セキュリティ販売開始


現在、多くの方が当たり前になってきた車のスマートキー。
手ぶらで車のドアロックを解除してそのままエンジンスタート・・・という便利さゆえに従来のキーシリンダーを回してエンジンを掛ける車では不便を覚えるようになってきました。

こんなにも便利なスマートキーですが、
[リレーアタック]という方法を使うと強固な盗難防止システムを持つ最新型車でも
ドアロックが破られ、プッシュボタン押せばエンジン掛かって盗まれてしまう・・・
恐ろしい状況になっています。

では、[リレーアタック]という窃盗方法とはどんな方法なのでしょう?


スマートキーは持っているだけでクルマのロック解除ができて、
そのまま車内に入ってプッシュボタンを押すだけでエンジン始動できる純正キーですが、
スマートキーはイモビライザーと呼ばれるセキュリティ機能と連動しており、
極めて高度な盗難防止機能を持っています。

こういった観点から「スマートキーを使っていれば盗難されることがない」という認識でしたが
ここが盲点となっているのです。

スマートキーは1mくらいしか飛ばない微弱な電波を出し続けていて
スマートキーを持ったままドアノブに触れると通信してドアロック解除するというシステムです。

通常はスマートキーの電波は暗号化されているので、
同じスマートキーでないと動かすことはできませんが リレーアタックはこの特性を逆手に取ります。


まず、窃盗団は2名で行動します。
スマートキーを持った持ち主がコンビニなどに立ち寄ってレジで待っている場合、
窃盗団の一人(A)が持ち主の背後に並びます。

この時にスマートキーの1m以内に接近し、常時出ている微弱な電波を中継器でキャッチします。
その受信した電波をもう一人(B)の窃盗団へ送信すると受信した窃盗団(B)は車のスマートキーは持っていなくても受信した電波を利用してスマートキーを持っている状態と同じになってしまいます。

そして、このまま狙っている車に近づき、ドアノブを触ることでドアロックが解除されてしまい、
さらにエンジンまで掛かって逃走できるのです

この方法であればエンジンを止めない限りどこまでも走れるのでさらに近くにいる窃盗団(C)の協力を得て車を隠せば傷ひとつ無く車を盗めてしまえます。

当然、その後は車両をバラして部品として売ったり、車両のコンピューターを差し替えてエンジンが掛けられる状態にしたうえで海外へ輸出します。

自動車メーカーも「防犯の観点からノーコメント」としているものの車自体が持ち主のスマートキーの電波でエンジンを掛けている以上、防ぐことが難しいとされています。

さらに追い討ちを掛けるように[リレーアタック]を行う為の送受信パーツは2~3,000円程度で入手できるということで悪意を持った窃盗団が大量に増えてしまう可能性があるということになります。

当社では新しくリレーアタック対策セキュリティーを導入です。

CANBUS式セキュリティー
※防犯上お見せできませんが
 来店時に詳しくお伝えします
工賃(インストール一式)54,000円~
(工賃+部品込み)

条件
・トヨタのプッシュスタート車である事(一部対応していない車種あり)
  ※その他のメーカーはご相談ください
・E/Gスターターとの併用不可(今後出来る開発しています)

  リレーアタック対策も当社に御相談ください!

オススメ商品

NICOLE JOHNSON TEARS IT UP WITH KICKER LIFESTYLE & POWERSPORTS
営業日のご案内
(背景がはお休みです)
4/14151617181920
21222324252627
2829305/1234
567891011